アニメーション作成時の注意事項

グラフィックシンボル、またはメインシーンで完結させる。ムービークリップシンボルでネストさせない。
そうでないとPNGシーケンスが書き出しできない。

下記は★はムービークリップだが、メインのシーンで完結しているのでOK

PNGシーケンスの書き出し

ファイル > 書き出し > ムービーの書き出しでPNGシーケンスを書き出す

PNGシーケンスから APNG/WebPを作成する

ここではEZGIF.COMというオンラインのサービスを利用します。
とりあえず APNG作成してみます。

「ファイルを選択」で先ほどのPNGファイルを全部選択して「Upload」ボタンを押す

「Delay Time」を100msで入力し、「don’t stack frames」にチェックを入れ、再度に「Make APNG」を押す。

Delay Timeの計算

Adobe Animateのフレームレートが24fpsの場合
100ms/24fps = 4.1666…秒ということで4.2を入力しています。

APNG完成!


WebPを作成する

apngと同じ要領です。下記からどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です